【ウマ娘】マチカネタンホイザを初育成!(ストーリー感想)その1

本記事にはネタバレが多分に含まれております。
ネタバレNGの方はブラウザバック推奨。

「ウマ娘」一周年!そしてマチタン、実装!

「ウマ娘」一周年おめでとうございます!

怒涛の情報量と共に1周年キャンペーンが押し寄せてきましたね。
その情報のほとんどを消化できていませんが、先ずはこのウマ娘の育成から始めたいと思います!

マチタン実装!
マチタンレベルアップ!

チーム・カノープス(アニメ版)の期待の新星、マチカネタンホイザの実装!

誰もが予想していなかった…いや、していても本当に実現するとは…まさかのレア度★2
連日ガチャ無料10連キャンペーンも始まったので、マチタンは実質無料配布!
アニメでも大活躍だった(?)、みんな大好きえいえいむんのウマ娘!
早速育成していきます!

勝負服を手に入れるために即開花!そして即覚醒です!

史実のお勉強、競走馬マチカネタンホイザについて

ウマ娘の育成ストーリーは元になった競走馬のネタがたくさん仕込んであるので、競馬知識があるとより楽しい…ということで競馬知識皆無の私は最低限、ウィキペディア等目を通して予習します!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%82%B6
  • 競争成績 32勝8勝
  • 獲得賞金 5億1752万円7400円
  • 主な勝ち鞍
     1993年 目黒記念(GⅡ)
     1994年 アメリカJCC(GⅡ)
     1995年 高松宮杯(GⅡ)(現在はGⅠ高松宮記念)
     1993年 ダイヤモンドステークス(GⅢ)
  • 名種牡馬のノーザンテースト産駒
  • ミホノブルボン、ライスシャワーと同世代
  • 重賞4勝、GⅠ出走回数14回(0勝)

ウィキペディアを読みましたが、有名な記録やエピソード…というものが少なく情報量が少ない。
でもウマ娘をやっているとついつい感覚が麻痺してしまいますが、GⅠを14回も出走できていること自体がすごいこと。

競走馬としては長く第一線にいたことから、様々な歴史に残る大レースに出走していた名脇役だったみたいですね。

第二回 ストーリーイベント「Brand-new Friend」では準主役に抜擢!

「ウマ娘」ではアニメ2期で登場して既にお馴染みのキャラ。
ゲーム版では今回の育成キャラとしての実装前にストーリーイベント「Brand-new Friend」に登場しています。
このストーリーイベントはアニメ2期のエピローグ的な話で、アニメで登場した「脇役」が総出演していて、マチタンはその中でも準主役級の活躍!

Brand-new Friend

このストーリーイベントはキタサンブラックとサトノダイヤモンドがトレセン学園に入学した直後のエピソードで二人が主役のお話。
ダイタクヘリオスやメジロパーマー、ツインターボら個性強すぎる先輩らに圧倒される二人でしたが、フツーの先輩(?)として登場したのがマチタン。
主役ではないですがストーリーの展開はマチタンを中心に回っていきます。

マチカネタンホイザ登場!
マチタンとネイチャ
ブルボンとライス

同じ世代のライバルであるミホノブルボンとライスシャワーも登場。
強者の風格がありますね。
この二人はエキシビションレースでマチタンと走ります。

善戦マンとしてのマチタンが描かれています。
このエキシビジョンレースはミホノブルボンとライスシャワーに先着され、マチタンは4着。
これはまさしく史実のレース、ミホノブルボンが2冠目を達成した第59回日本ダービーの再現ですね!

キタサトちゃん

…と、マチタンの紹介ストーリーの側面が多分にあるイベントですので、まだ観ていない人はマチタン育成前に視聴を強くお勧めします!
1年前にゲーム内で開催されたイベントなので、当時プレイしていなかった人は観ることができませんが、Youtubeでストーリーを観ることができるので是非…!

このストーリーが期間限定イベントの中では私が一番好きです。
復刻イベントも是非してほしいですね。

マチカネタンホイザ・ウマ娘ストーリーの1話から4話までを視聴

ここからやっと今回実装されたストーリーとなります。

育成を開始する前に、マチタンが担当ウマ娘となるお話を観ていきます!

マチタン登場!

担当ウマ娘契約を交わすまでに至るエピソードは、他のウマ娘では選抜レースだったり、走りたい理由だったりを話の軸に4話までじっくり話を展開させて…というパターンが多いですが、マチタンは1話目で比較的ゆる~く担当契約完了!

私が前回観た育成シナリオはアドマイヤベガの育成シナリオで、かなりシリアス寄りのお話だったので、マチタンの「普通」さには安心するところがあります(笑)

VSミホノブルボン
VSライスシャワー

同世代のライバル、ミホノブルボンとライスシャワーの関係性も垣間見えます。
二人は既に一歩先を行く実力…という感じで描かれています。
しかし史実では…ミホノブルボンには一度も勝てませんでしたが、そのブルボンに勝ったライスシャワーにはマチタンは何度か先着しており、ライスシャワーがメジロマックイーンの天皇賞(春)三連覇を阻止する直前のレース、目黒記念(GⅡ)ではライスシャワーを下し、1着で勝っているので実力は同格といっても良いのではないでしょうか。
でなければ何度もGⅠに出走できたりはしないです。
でもここ一番で勝てない…それがマチタン!
これは勝たせてあげたいっ!

カノープスのメンバー
ご家族の皆様

育成シナリオ開始前だというのに登場キャラが多いこと!
ご家族…もといアニメではチームメンバーだったナイスネイチャ、ツインターボ、イクノディクタス。
ゲーム版でもみんな大変仲がよろしくて微笑ましい。
ネイチャとイクノは完全に保護者。

理事長登場!

秋川理事長登場!
個別のキャラシナリオに出てくるなんて珍しい!
理事長はマチタンを贔屓にしているご様子!
これで理事長=ノーザンテースト説はほぼ確定(!?)になりましたね。
(マチカネタンホイザはノーザンテースト産駒)

えいえいむん!

えい、えい、むん!いただきました!
どんな時でも頑張り屋さん、応援したくなりますね!
無限に育成シナリオへの期待が高まる良いキャラストーリーでした!

マチタン育成シナリオ!【ジュニア級】

それではマチタンを育成していきます!

マチタン育成開始!

方針としては…先ずは育てやすい先行・長距離で育成していこうと思います。
育成ストーリーを楽しみたいので、新シナリオではなくアオハル杯シナリオでやっていきます。
サポートカードのデッキは従来型。
新シナリオ実装共に仕様も大幅に変更されたので、今後どうなっていくか分かりませんが…やはりこういう編成は過去のものになるのでしょうね。

結構気合が入っているマチタン

ご本人も(結構)気合が入っている様子!
頑張れ!マチタン!!

デビュー戦マチタン

マチタンのデビュー戦!

ん…?この背景…!
最近競馬場に行くようになった私はピンときました!
この背景の場所見たことある!
私が唯一行ったことがある中京競馬場だ!!

この背景、以前からありましたっけ?今回実装されたのかな?
背景だけでどこか分かるようになると嬉しいですね!

マチタン勝利!

デビュー戦は危なげもなく勝利!

マチタンの育成をしているとレースもライブも全部観てしまう…!
これは…まさしく子供の運動会でわが子を応援する親の心境!!
すごく見守りたくなるウマ娘です!!

ネイチャの菊花賞

ナイスネイチャは1年先輩の世代。

ネイチャの菊花賞と言えば、アニメ2期でも屈指の名シーンです!
アニメのあの名シーンの裏にはこういうエピソードがあったなんて…!
なんとも嬉しいイベントじゃないですか!

マチタンストーリーは全体的に「ウマ娘」のファンサービスがかなり厚いシナリオだと思います…。
やはりアニメ2期とストーリーイベント、ウマ娘ストーリーは絶対履修してからプレイすべきですよ!

ホープフル出走

デビュー戦後、次の育成目標は「GⅠで1回5着以内に入着する」です。
マイル適性はDなので、当然のように朝日杯FSを回避し、ホープフルステークスに挑んだわけですが…

史実で出走したのは朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯FS)、そこでミホノブルボンと初対戦して敗北。

しまった…!
朝日杯FSなら専用イベントがあったかもしれないのにっ!
まぁ、適性Dだと5着も結構ハードル高いですから、仕方ないですね。
ホープフルをきっちり勝ってファン数を獲得しましょう!

ホープフル2着

あ、あれ~…
これは…惜しいところまで行くけど勝ちきれない…という善戦マンの面目躍如ってところかな!?
まぁ、仕方ないですよね。
ホープフルは18人立てのレースなので元々難易度高い!ということで切り替えていきましょう!

順調に(?)ジュニア期も終え、いよいよ本番のクラシック戦線へ!
長くなりそうですので続きは次の記事に!

続く!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。