S660を3年間乗ったのでこれまでの不具合を振り返る

認定中古車保証が切れる前に点検してもらう!

うちのS660は平成が終わる数日前、2019年4月19日に納車してもらいました。
新車購入ではなく、納車時点で50,000km走っていた中古車です。

中古車販売時の愛車
うちのS660は3年保証のディーラー認定中古車

ディーラー認定中古車で3年保証付きだったのですが、それがもう直ぐ切れてしまいます。
今の走行距離は86,500kmほど。
我慢して距離を抑えてきたつもりですが…やはり楽しすぎて走りすぎてしまいます。
私にとっては3年目ですが、このS660にとっては製造から6年目…そろそろ不具合が出始める時期でしょう。
現状で不具合は何もないのですが、潜んでいる不具合があるとしたら保証を使えるうち直したいということで、ディーラーで点検してもらいました!
法定点検でも定期点検でもなく、特に不具合のない状態で車を点検に出すというのは普通あまりないのではないでしょうか。

点検結果は良好
点検結果は良好!12Vバッテリーとオイル交換もしてもらいました

点検結果:極めて良好!

ゴム類の劣化やブーツ類の破れ等はなく、全て問題なしとのこと!
ディーラーの担当営業さんから「○○(私)さんは車に無理のかかる走り方もしないですし、すごく状態いいです。」とお褒めの言葉をいただきました。

実際、私の使い方はサーキットはほとんど走っていないにしても、オートテストなら何度か走っていますし、ワインディングも結構頑張って走ったり、林道やダート等舗装されていない道も走ったりするので、それなりに車に優しくない使い方しているのですが(苦笑)。

でも車の健康には気を配り、雨の日は乗らない不具合が出る前に予防整備する車にストレスがかかる社外品は入れない、といったことを心がけていたので、それがちゃんと車の状態に表れているのは嬉しいです。

今回の点検、点検名は「まごころサービスチェック」となっていますね。
初めて聞く言葉だったので調べてみました。

https://www.hondaism.com/maintenance/freecheck.php

納品請求書に書いてある通り、基本項目を点検するようですね。
ただ…別のHondaのページを見ると、日常点検/まごころサービスチェックの点検費用は3,300円になっていますね…。
今回私オイル代しか払っていない…そういえばバッテリー交換代も払ってない。
しかもまごころサービスチェックは15分ほど、と上記ページに書いてありますが…1~2時間たっぷり診てもらっていたんですよね…。
気になるところ数か所伝えてそこも診てもらい、口頭で回答もらいましたし。

うーん。これは…まごころサービスチェックという名目でサービスで色々診てもらった…!ということな気がします!
このディーラーさんとはそれなりに長く仲の良いお付き合いさせてもらっていますからね、ありがたいことです!

車好きの中にはディーラーの整備代は割高と言ったり、個人ショップの方が腕がいいと主張する人も一定数います。
確かにディーラーの方が担当するお客さんの数が多いので、ショップの方が親身に見てもらえるという傾向もあるかもしれませんが、結局中の人次第。
人と人との縁が一番大事だと今回改めて思いました。

S660を3年間乗り、その間に発生した不具合について振り返ってみる

前述した通り納車から3年間、車としては新車から6年経ち、86,500km走った私のS660。
節目ですので、ここまで走ってきた間に起きた不具合を振り返ってみます。
まだそこまで走っていないS660乗りの方や、これからS660に乗ろうと思っている人のご参考になれば。

ロールトップ取付け部(助手席後方側)から異音

S660を納車されてから次の日には岐阜から東京まで走ったのですが、その帰り道に発生。
ちょっと荒れた路面を走ると車体の振動で、幌の取付け部周辺からカタカタ異音が鳴り出しました。
オープンカーに異音はつきもの…とは聞いていましたが、もし直るものでしたら直したい。

異音対策
エンジンフード裏の異音対策、保証内です。

S660の異音はネットで調べるとたくさんの報告と対処法が出てきます。
最初に処置はエンジンフード内からの異音対策ということで、これは対策部品もあるみたいです。
エンジンフード裏にあるゴム製ストッパーを交換とロックフックの調整・注油をやってもらいました。

しかしこれは空振り。
ここからの異音ではなかったようで、変わらず異音が鳴り続けています。
まぁ、いずれここからの異音も発生していたでしょうから、対策部品への交換は無駄にはならないと思います。

助手席に人を乗せてちゃんと調べました。
ロールトップ助手席側後方ロック部を手で抑えてみると異音が止まりました。
更に新車下ろしのロールトップを付けた時に異音がしないことも確認。
ということでロールトップ側、車体に乗せる部分にクッションテープを巻きました。
試しに走らせてみた感じでは、異音はしなくなりました!

ロールトップに布テープ貼り付け
ロールトップを車体に乗せる部分にクッションテープを巻き付け、これは効果アリ!

異音は解決した…と思いましたが、しばらく走ると再発。
クッションテープで一時的にとはいえ、異音はなくなったので発生部位は間違いなさそうですが…困ったことに異音が再発したのは赤色の新しいロープトップを付け始めていた頃。
ですので、やっぱり新品のロールトップでも異音がなるなら、ロールトップ側ではなく車体のロールトップ受け側をなんとかしなければなりません。
その時にみんカラで同じ異音についての記事を発見!

https://minkara.carview.co.jp/userid/2618950/car/2182979/5837291/note.aspx

この記事をディーラーの整備士さんに見てもらい、ビスを増し締めしてもらいました(この記事のようにテープを巻いたりはしていません)。
すると…なんということでしょう!
異音は完全に解消しました!
この処置をしてから2年以上経った今でも異音は再発していません!
これで異音に関しては一件落着です。

金属片を踏んでタイヤがパンク

これは不具合と言いますか、不幸な事故ですが。
納車から2週間後の週末、S660を運転したくて我慢できない時期なので岐阜から長野に走りに行った時の事…タイヤがパンクしました。

S660パンク
田舎のガソリンスタンドに急遽ピットイン!
金属片を踏んでいた…
ちょうど溝部分に金属片が…

S660にはスペアタイヤは積んでいないですし…異常に気付いた場所が田舎過ぎてディーラーも整備工場もカーショップもなく…
近くのガソリンスタンドに駆け込みました。

その日はなんとか応急処置してもらい帰ることができましたが、後日ディーラーで下された診断は…タイヤ要交換!
貴重な純正装着NEOVAが…!ほとんど堪能してなかったのに!!
結局、ヤフオクで中古のNEOVA2本だけ購入してタイヤ交換しました。

NEOVAは吸いつきがいいから、異物もよく拾うんですよね…友人がS2000に履かせてたNEOVAもパンクさせてましたねぇ…。

サイドブレーキの引きしろが足りない

サイドブレーキが、最後の数ノッチで利きます。
しっかり引き切らないと正常にブレーキがかからずに動いてしまいます。
これは不便なのでもっと手前で利いてほしかったのですが、ディーラーの整備士に見てもらったところ、これ以上調整しろがないとのこと。

直らないものは仕方がないので今でもそのまま乗っています。もう慣れました(苦笑)。

ネットで調べてみると利き方に多少個体差はありそうですが、同じような傾向はそれなりにあるようなのでS660の仕様ということですね…。

ミッションオイル漏れ

※この不具合はヒューマンエラーが原因でしたので、他のS660ではまず発生しない不具合となっておりますのでご安心ください。

これが厄介な不具合でした。
というのも、旅先…岐阜から北海道の実家へ帰る途中のカーフェリーの中で発見した不具合だからです(苦笑)。
苫小牧港で下船時、車両甲板の作業員さんから、何か漏れてますよ、と教えてもらいました。
水ではなくオイルです。

お漏らし!
旅先でお漏らし…!

この後、苫小牧から釧路の実家まで一般道を走らなきゃいけません。
ですので下船して一番近いホンダディーラーに駆け込みました!
閉店間際だったので、もちろん修理まではできませんでしたが漏れているのはミッションオイルということが判明。
漏れたオイルの量もそれほど多くないということで、しばらく走るのは問題なさそうでした。
その後、実家での滞在中に釧路のホンダディーラーに部品を取り寄せてもらい現地修理完了。

現地修理
撮ってもらった写真

これ以降、漏れは生じていないので一件落着。
ちなみに診断や修理にかかった費用は全て保証内のため無料でした!

しかしこの不具合…実は原因に心当たりがありまして…

実はS660のマニュアル車には「1速ギヤに入りにくい」不具合を持つ個体が存在します。
これはホンダ側も認識していて、これについて対策品と交換するサービスニュースが発行されています。
(恐らくホンダと販社の社外秘文書でしょうからここには載せませんが)
私のS660も納車後、この対策品に交換する作業をやっていただいたのですが、作業後説明があり…部品交換して再組立する際に一部部品を損傷させてしまったとのこと。
それらの部品は全て新品交換してもらったのですが、何か不具合があったら言ってください、とのことでした。
その何か、が発現したということですね。

「1速ギヤが入りにくい」不具合の保証修理
オイル漏れが起きる4ヵ月ほど前に実施した「1速ギヤが入りにくい」不具合の保証修理

私も(自動車ではないですが)メーカーのエンジニアの端くれ、ヒューマンエラーは絶対に0にはできないのは承知しているので全く怒ってはいません。
こういうこともあります。
1速ギヤに入りにくい保証修理も、オイル漏れの修理も全て無償でしたし。

もしS660のマニュアル車に乗っていて、1速ギヤに入りにくいS660にお乗りの方は、S660の1速はそれが普通と思わずにディーラーに相談してみてください。
無償で直してもらえると思います(要確認)…今回はこういう不具合が出てしまいましたが、普通はこんなことは起きないはずなので!
ミッションオイルをタダで交換してもらうチャンスですよ(小声)。

運転席シートベルトの戻りが悪い

完全停車時にスピードメーターに0km~3kmで表示が振れる

両方とも保証修理!

両不具合共に保証修理で費用0円!
色々な不具合はありますが、相談すると意外と保証内で修理できるという案件多くて驚きます。
シートベルトの戻りとかは経年劣化のような気がしないでもないですが直してもらえました。

3年間乗って発生した不具合はこんなところでしょうか。
認定中古車保証はかなり幅広く適用できるので、非常に頼りになります。
前車のCR-Zがとにかく頑丈で、不具合とは無縁の車でしたので、それと比べるとS660はちょっと多く感じますが…。
オープンカー特有の構造的耐久力のなさや異音はあるにしろ、概ね健康に過ごせたのはないかなと思います。

これからS660でやりたいこと

納車から3年間経ち、認定中古車保証が切れます。
とはいえS660は今後もずっと…修理ができる限りは乗り続けていきたいと思いますので、大事にしていきたいです。
それなりに部品も経年劣化してきたので、部品交換がてら社外品を試すものいいかもしれませんね。
…ということで、これからやりたいことは以下の通り。
頑張ってお仕事頑張って稼がなきゃ…。

純正サスペンションがヘタってきているので交換したい

今この時期なら、まだ納車時外しの純正サスペンションが中古品として安く手に入るので入手して交換したいですね。
社外品ではなく、わざわざ純正サスに交換するのか!と車好きの方々には怒られそうですが(苦笑)、私の使い方だと走行距離が非常に多いので1年もしないうちにサスの美味しい時期が過ぎ、オーバーホールが必要になってしまいます。
残念ながらオーバーホールやその都度新品交換をするほどの金銭的な余裕はないので…耐久力が高い純正サスペンション一択となります。
バネレートが高くなることによる車体へのダメージも許容できないということと、林道・ダートも走るので車高も下げたくないということも理由です。
まだまだ運転技術も未熟なのでロールもピッチングも抑えるよりもコントロールできるように練習した方が良いですしね。

シートヒーター付きレカロシートが欲しい

運転席シートの表皮が破れてきたので、急ぎではないですが…交換を考えています。
シートに関しては純正品が身体にピッタリと合っているのですが、純正シートはシートヒーターが付けられないのが残念。
後期型のシート+シートヒーターは付けられないか相談してみましたがNGでした。
ですので、シートヒーター付きレカロシートは候補として魅力的なのですが、調べてみると気になるところがあります。

  • シートと車体との干渉
  • ハンドルセンターのズレ
  • 乗り降りの大変さ

この3点が許容できるか、ですね。
横浜と大阪のレカロ専門店に行き見積もりは取るところまではやりましたが、やはり気になるところは実車で確認したい。
両店共に行ったタイミングではS660のデモカーはありませんでした…残念。

レカロ見積り
レカロRS-Gの見積り…うーん…お高い!

ADVAN NEOVA AD09を履かせたい

最近履いてみたNS-2R、性能は良好で不満点は特にありませんが、やはり新型ネオバを試したいという願望は強いです。
今はS660のサイズがないので履けませんが…リリースされ次第交換したいです!

https://www.y-yokohama.com/product/tire/advan_ad09/

S660純正オプション:トップキャリアシステムを付けたい!

私はS660を長距離旅仕様にするのが夢です。
ゴルフGTIというGTの名を冠した長距離旅に最適な車を所有してはいますが…
そうじゃないのです…ゴルフでの旅もいいですが、S660でも旅をしたいのです!

画像:Car Watch https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1122707.html

問題点は…一式揃えるとかなり高額になる…ということもありますが、一番の問題はハーフボディカバーを装着できなくなること。
駐車時は常時ハーフボディカバーを装着しているのでこれが付けられなくなるのは許容できません。
ハーフボディカバーを気に入っている理由は別途記事に書きたいですね。

トップキャリアシステムを導入するのは屋根付きの駐車場を手に入れてから…ですね。
その予定は全くないのですが…。

トップキャリアシステム見積書
トップキャリアシステムの見積書…これに専用バッグ×2個積みたいので+60,000円となってしまいます

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。